学校では教えてくれない人生の武器になるコミュニケーション

LINE@に登録してプレゼント動画をもらう

結婚式での演出

 
  2019/07/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
杉山 永里子
名古屋でコミュニケーション講師・フリー司会として活動しています。杉山 永里子です。1度しかない人生、自分らしく心豊かな時間を過ごしたいあなたへ・・素直に夢を語り楽しくワクワクな気持ちで日々過ごせるサポートをしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!コミュウェデイング 司会の杉山永里子です!

▼私のことが初めての方はこちらの記事をご覧ください✨

 

挙式後の盛り沢山の演出

10月は、気候も良く結婚式を挙げるには気持ちい季節ですね♪

今回は、盛りだくさんの演出で披露宴をされたお二人のご紹介です。

チャペル式後、フラワーシャワーに加えて、

シャボン玉シャワー・コンフェッティ・ドロップ&フライ

そして『コンフェッティ』何だろう?と思った方もいるかもしれませんね

こちらです ↓

使用すると、こんな感じに綺麗に新郎・新婦に降り注ぎます。

クラッカーのキラキラバージョンと思ってもらえればいかもですね。
普通のクラッカーよりも、太陽の光浴びると凄く綺麗で写真もかなり映えます
私の時代にもあったら、やって見たかった演出です(笑)

そして、ドロップ&フライ

プールに皆でバルーンを一斉に入れると・・・

バルーンの糸が溶けて、空にバルーンが舞い上がる

プールがある会場ならではの演出‼︎

天気が良くて♪寒くもない、暑くもない、風もない、だからこそ出来る演出

それにして、挙式後の演出としては盛り沢山 司会しててもワクワクします

披露宴演出

今回のお二人は、皆様を喜ばせたいと演出に拘りを持っていらっしゃいました

ダミー・ウエディングケーキ

 

①新郎が、会場後方からダミー・ウエディングケーキを運ぶ
②新郎が、会場中央で転んでケーキを落とす
③会場騒然の中、前方より本物のウエディングケーキ登場
④ケーキ入刀
⑤ご両親見本バイト
⑥お二人ファーストバイト

 

新郎さんがケーキを運んでいる際に、周りのゲストの皆様から
「転ぶなよ〜〜」と何度も声かけら、実際に新郎が転んだ時のゲストに皆様の
表情と悲鳴は、会場のボルテージは一気にアップ♪

 

その後のケーキ演出が、会場内が1つになった瞬間となりました。

涙の演出

何年やっても、何組やっても
司会者なのに涙が溢れそうになってしまう時が結婚披露宴にはあるだよね。
今回は、2回涙が溢れそうになりました。

新婦お色直し中座のシーン

エスコート役には、幼い頃から可愛がってくださった祖母様
ここまではよくあるパターン、祖母様の手には祖父様のお写真
実は、3ヶ月前に天国へ旅立たれました。新婦さんの結婚式を誰よりも
楽しみにしていらしゃった祖父様・・新婦からの預かった祖父様・祖母様への
メッセージを、司会の私が代読。。。祖母様も、新婦も思わず涙

代読しながら、私も目頭が熱くなりました。

そして、もう1つの涙溢れそうになったシーンは

新郎中座のシーン

エスコート役には、サプライズでお父様とお母様
お母様のエスコートは、よくある演出♪お父様もエスコートに選ばれのは、
ご家族の関係性がとても良い事が分かります。これだけでもジーンとくるのに
新郎さんから、感謝の手紙を親御様へ読んで下さった。。。

司会しながら、その内容に感動しまくりでした

やはり、家族っていいですね

新郎から新婦へのサプライズ

披露宴で、新郎から新婦へのサプライズも様々です

新郎から、新婦への花束のプレゼント♪ここまでは
よくあるシーン‼︎
今回は、もう少しプラス要素がありました

① お二人、扉前に並ぶ
② 新郎「お手洗いに行きたい」とその場を離れる
③ 新郎裏口でスタンバイ
④ 入場曲が流れる
⑤ 扉開く
(新婦は新郎 居ないのに扉開くしBGM流れるしで、何で?何?と驚きに表情
普通驚きますよね‼︎)
⑥ 新郎BGMの曲に合わせて歌いながら、前方扉より登場
(新婦さらに驚きの表情‼︎)
⑦ 新婦を扉前まで、迎えにいく
⑧ 新婦をエスコート
⑨ タイミングを見て新郎より新婦へ花束のプレゼント
⑩ 歌のラストを新郎から新婦へのメッセージとして歌い切る

 

 

花束をプレゼントするにも、プラス要素があると
サプライズがより思い出深いシーンになりますね
新婦の扉がいきなり開いてしまった時の表情は、素の姿(笑)

新郎が新婦を喜ばしたという、愛の証です

お二人からゲストへサプライズ

お二人から、ゲストへのサプライズは・・・

「僕たちから、皆様へのプレゼントです5・4・3・2・1」

各テーブルから、一斉に花火〜〜〜

ゲストからは、歓喜^_^
ゲストが急いで、カメラで撮影する姿は何だか微笑ましい。

まとめ

今回のお二人は、自分も楽しみたい

来てくださったゲストにも喜んでもらいたい

盛り沢山の演出で、お二人らしい結婚式をされました

同じ演出をしても、人が変われば雰囲気も喜び方も違う

結婚式は、主役のお二人がまずは楽しむ事だと、私は考えています

準備も含め、楽しみながら素敵な日を迎えて欲しいな♡

 

 

 

LINE@追加バナー

この記事を書いている人 - WRITER -
杉山 永里子
名古屋でコミュニケーション講師・フリー司会として活動しています。杉山 永里子です。1度しかない人生、自分らしく心豊かな時間を過ごしたいあなたへ・・素直に夢を語り楽しくワクワクな気持ちで日々過ごせるサポートをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 杉山 永里子official , 2018 All Rights Reserved.